おりものが気になる~病気のサインを見逃さない~

スポンサーリンク
女性のカラダ
スポンサーリンク

おりものが増えた気がするけど大丈夫かな?

何だか痒いし、ニオイがきつい気がするけど周りにも臭ってないかな?

ショーツが黄色くなってるけど病気なのかな?

おりものに対して、マイナスイメージを持たれている方は多いと思いますが、少しデリケートなことになりますので人には聞きづらいですよね。

今回は、おりものの正常と異常についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

正常なおりもの

おりものとは、子宮頚管から分泌される頚管粘液、子宮や膣の古い細胞、汗腺などの分泌物が混じりあった酸性の液体で、身体の中から“おりてくるもの”を指します。

自浄作用と受精の手助けといった2つの大きな役割があり、女性のカラダを守るために頑張っています。

また、おりものは女性ホルモンの影響を受けて一定の周期で色や性状、量が変化していきます。

半透明~乳白色、卵白のようにとろみがあり伸びる、少し甘酸っぱいニオイ、生理前後に出血が混じる、乾くと黄色くなるといった状態は正常ですので心配いりません。

妊娠中には女性ホルモンの分泌が多くなるのでおりものが増えますし、更年期になると女性ホルモンの分泌が少なくなるのでおりものも減っていきますよ。

私はおりものの量が少ないタイプだと思っていましたので、量が増えたり、色が変わるたびに病気を疑っていました。

しかし、周期的におりものが変化して量が増減しているだけで、量が少ないタイプ…ではなかったですし、病気ではなかったようです。

関連コンテンツ

おりものが変化する!!~排卵日と妊娠兆候~
成熟した女性なら誰しも「おりもの」があります。 おりものはベタベタしたり、下着が汚れたり、臭いが気になったり、どちらかといえばマイナスイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。 しかし、妊娠を希望するベビ待ちの女性にと...

異常なおりもの

おりものには前項に示したような特徴はありますが、個人差も大きいため当てはまらない場合もあります。

大切なのは他の人と同じかどうかではなく、あなたのおりものが異常な状態なのか、そうでないのかです。

病気がわかる

病気が原因でおりものが増えたり、色が変わったり、ニオイがすることがあります。

いつもと違うと感じたら、早めに受診することをおすすめします。

おりものの適切なケア

スポンサーリンク

パンティーライナーを使う

おりものはタンパク質が含まれているため、ショーツについたままにしておくとニオイの元になったり、バリバリになってしまいます。

また、時間が経つと黄色く変色してしまいます。

パンティーライナーを使用し、こまめに交換するのが良いでしょう。

ただし、長時間パンティーライナーを付けているとカブレや痒みの原因になったり、細菌が繁殖してしまう恐れがあるので注意が必要です。

おりものの量が少ないタイプと思っていたので、以前はパンティーライナーを使用していませんでした。

ショーツが黄色くなったり、カピカピしたりするのが悩みでしたが、パンティーライナーを使用することで解決しました。

しかし、あまり汚れていないからと1日1回しか使用してなかったので案の定、陰部の痒みを発症しました。

過度な清潔は逆効果

陰部の洗いすぎや刺激の強いボディーウォッシュを使っていると、必要以上に乾燥してしまい痒みの原因になってしまい、逆効果です。

陰部を洗うときはお湯で十分ですが、気になる場合はデリケート・ゾーン専用の石鹸や刺激の弱いボディーウォッシュを使用して下さい。

一時期おりものの量が多い気がして、入浴時には石鹸を使って念入りに、また排泄時にはビデを使って頻回に陰部を洗っていました。

初めは良かったのですが、次第に痒みを感じるようになってしまいました。

受診したところ「洗いすぎで乾燥している」と言われ、ビデを使うのは生理のときやおりものが多いときだけにし、入浴時にはお湯で洗うようにしました。

ケアの方法を変えて、症状は治まりました。

おわりに

おりものは健康のバロメーターです。

普段からどのようなおりものがみられるのか確認しておくと良いでしょう。

いつもと明らかに違うおりものがみられる場合、感染症や病気を発症している可能性がありますので、早めに受診をしましょう。