絨毛膜下血腫の入院期間はどれくらい?

スポンサーリンク
切迫流産
スポンサーリンク

絨毛膜下血腫は切迫流産や流産などの原因の1つとされ、妊娠初期の妊婦さんに1~3%の確率でみられます。

止血剤の投与や膣洗浄などの処置が治療として行われることもありますが、基本的には安静にすることが一番といわれています。

自宅安静で経過観察することもありますが、入院が必要になるケースも少なくありません。

今回は、絨毛膜下血腫により入院治療を行うことになった場合の入院期間についてお伝えしたいと思います。