妊娠・出産のトラブルにまつわるお金のこと。

スポンサーリンク
妊娠トラブル
スポンサーリンク

妊娠・出産は病気ではないので健康保険の適応外となり、妊婦健診や出産のための入院は自費扱いです。

とは言うものの、妊婦検診は補助により無料もしくは一部負担という形になっていますし、出産も出産育児一時金で最高42万円支給されるので、自己負担分はその差額になります。

なーんだ♪一安心♪♪…ではありません。

約10ヶ月間お腹の中で赤ちゃんを育てていくわけですから、予定外のトラブルに見舞われることも少なくありません。

予定外のトラブルには、自分自身で対応していく必要があります。

今回は、妊娠・出産トラブルにまつわるお金についてお伝えします。

スポンサーリンク

妊娠・出産トラブルの医療費どうする!?

妊娠トラブルの代表と言えば、妊娠悪阻や切迫流産、切迫早産などではないでしょうか。

妊娠トラブルは長期間の安静を要するものが多く、入院することになれば入院費もろもろが必要になります。

精神的にもキツイですが、お金の問題は切実ですよね。

健康保険が適応される

何らかの妊娠・出産トラブルがあって、医療処置が必要になった場合は、健康保険が適用されますので医療費は3割負担になります。

入院中の食事も健康保険が適用され、「入院時食事療養費」として、1食あたり460円(所得によって変動あり)となり、1日3食✕日数分になります。

病院によって異なりますが、入院費と食費だけなら1日1万円ほどが相場です。

差額ベッド代(有料個室)は健康保険が適用されずに全額自己負担となるので注意が必要です。

高額療養費制度を利用する

健康保険が適応されて3割負担になるとはいえ、治療が長引けば長引くほど請求されるお金も増えていくと思うとゾッとしますよね。

でも「高額療養費費制度」を利用すると、所得によって決まる自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。

★ 高額療養費制度の自己負担限度額 ★

©Flower Garden

※保険外併用療養費の差額部分、入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は対象外

 

切迫流産や切迫早産は、長期の安静が必要となるため比較的長期の入院になりやすいです。

医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示すると医療機関への支払いが自己負担限度額にとどめることができます。

スポンサーリンク

妊娠トラブルでお金がもらえる!?

切迫流産や切迫早産は自宅安静になるしろ管理入院になるにしろ、週~数ヶ月単位でお仕事をお休みすることになると思います。

治療にもお金がかかるのに、収入が途絶えるなんてことになるなんて…と心配になった方、大丈夫です。

傷病手当金がもらえる

健康保険に加入している方であれば、連続して4日以上お休みをしてお給料が出ない場合、4日目から日給の3分の2が支給される「傷病手当金」という制度があります。

お勤め先によってはお休みしていても給与が保障される場合があります。

お勤め先から傷病手当金より多い給与をもらった場合には、傷病手当金は支給されません。

給与が支払われても、傷病手当金のほうが少なければ、その差額が手当金として受け取れます。

支給される期間は最長1年半なので、妊娠・出産のトラブルに関しては十分保障されますね。

入院した場合、保険金がもらえる?

医療保険に加入している方であれば、保険金がもらえる場合があります。

契約内容によりますが医療保険には入院特約があり、「入院日数 ✕ 1日当たりの金額」をもらえます。

治療内容によっては保障されない場合もあるので、ご契約の保険会社に確認してください。

妊娠前に医療保険の見直しを!!

妊娠してからや治療が必要になってからでは医療保険に加入できない場合が多いです。

医療保険の新規加入や見直しは妊娠する前に行うことをオススメします。

有事の際には頼りになる保険ですが、何もない場合には支払いがただ負担になる場合もあります。

入院日額5000円くらいもらえるものが負担になりにくく、入院費も補えるのでオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

妊娠・出産は病気ではないからこそ、いつトラブルが起こるかわかりません。

私自身、なんの根拠もなくスムーズに出産に至ると思っていたのに、妊娠初期から出産までずっとトラブル続きでした。

赤ちゃんのためにもしっかりとお休みしないといけないのに、お金の心配をしなくてはならならず、随分と悩みました。

幸いにも結婚を機に保険の見直しをしていたので、なんとか治療も生計も立てられました。

もし、悩んでいる方がいましたら相談にのりますので、コンタクトフォームよりお気軽にメールをしてもらって大丈夫ですよ♪