ベビ待ちの救世主!?唾液で簡単に排卵期が特定できる!!

スポンサーリンク
妊活、ベビ待ち
スポンサーリンク

妊娠を希望する女性にとって排卵日を特定することはとても重要です。

排卵日を特定することができればタイミングがとりやすくなり、妊娠の可能性が高まるからです。

排卵日を特定するための手段には基礎体温測定や卵胞チェック、排卵検査薬などいくつかの方法があります。

今回は最近注目を集めている、唾液で排卵期を特定する『排卵チェッカー』についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

排卵チェッカーとは

排卵日の前後には基礎体温やホルモン値の変化が一般的に知られていますが、分泌液(子宮頚管粘液や唾液)にも変化があります。

排卵チェッカーとは、排卵期に唾液に含まれるナトリウムイオン濃度の変化によって生じる結晶構造を観察する小型拡大鏡のことです。

唾液の結晶構造は非排卵期には水玉状ですが、排卵期になるとシダ状に変化します。

この結晶構造を観察することで排卵期を予測できるというわけです。

米国ではFDA公認の医療用具として販売され、80%以上の確率で排卵期を判断できるものとされ、日本でも救世主的な排卵検査薬をも凌ぐ勢いがあります。

スポンサーリンク

オススメ排卵チェッカー

プチアイビス、レディデイネオなどが代表的な商品となります。

どちらの商品も同様のメカニズムを利用して排卵期を確認する機器ですが、違いをまとめて比較してみました。

©Flower Garden

現在、レディデイネオの販売は確認できませんでした。(2020年5月確認)

オススメ商品


排卵検査薬 排卵日検査薬 プチアイビス 半永久的使用可 排卵日チェッカー 排卵日検査 妊娠したい 妊娠するには 妊活 妊娠しやすい日 排卵 女の子【RCP】

スポンサーリンク

排卵チェッカーの使い方

排卵チェッカーのカバーを外し、レンズを取り出します。

レンズの裏側に唾液を薄く塗り、5分〜15分程乾かします。

レンズを元に戻してレンズを覗き、ピントを合わせます。

排卵期を示すシダ状の構造が見えたら排卵期を迎えている、あるいは近いというサインになります。

排卵チェッカーの注意点

唾液に含まれる成分によって結果が変わってしまうので、測定2時間前の飲食やアルコール摂取、喫煙は避ける必要があります。

あくまで排卵期を予測するための機器ですので避妊を目的として使用してはいけません。

スポンサーリンク

排卵チェッカーを使ってみました

どちらの排卵チェッカーにしようか迷いましたが、安心の日本製、電池不要で半永久的に使用できるという点に惹かれてプチアイビスを購入してみました。

排卵予測3日前より使用し始めたのですが、初めは上手く見えずに「使えない…」と思いました。

しかし、ちょうど排卵予測日にシダ模様が見えて感動しましたが、同時に使用していた排卵検査薬は陰性。

翌日も排卵検査薬は陰性でシダ模様も消失しました。

訳がわからないまま検査し続けていた排卵予測日の4日後、再びシダ模様が見えました。

排卵検査薬は翌朝から陽性となり、おそらく排卵期突入だと思われました。

スポンサーリンク

おわりに

排卵期と排卵日は似ているようですが、全く違います。

排卵チェッカーは排卵期を予測するものなので、排卵日そのものを特定することはできません。

効果的に排卵日を予測するには「基礎体温」「排卵検査薬」「排卵チェッカー」などの情報を組み合わせると良いでしょう。

排卵チェッカーを上手く使うことができれば、妊娠に一歩近づくことができます。

是非、排卵チェッカーを試してみて下さいね。