切迫流産の入院費はいくら!?支払金額を抑えるには??

スポンサーリンク
切迫流産
スポンサーリンク

約10か月間もの間、お腹の中で赤ちゃんを育てていくと、何らかのトラブルに見舞われる可能性もゼロではありません。

妊娠初期~中期に起こりうる「切迫流産」はそういった妊娠トラブルの代表格といえるのではないでしょうか。

流産の危機に晒されて精神的にキツくなる切迫流産ですが、治療にかかるお金も気になるのが正直なところではないでしょうか。

今回は、切迫流産の入院費用についてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

切迫流産の入院にかかる費用は

入院費用とは「医療費」「食費」「差額ベッド代(有料個室代)」の合計金額になります。

妊娠・出産は病気ではないので健康保険の適応外ですが、切迫流産と診断された場合には医療費と食費の一部には健康保険が適用されます。

医療費は基本的に3割負担ですが、治療内容によっては健康保険が適用されない治療もあり、その部分は自己負担となります。

食費は「入院時食事療養費」として1食あたり460円(所得によって変動あり)となり、1日3食✕日数分になります。

治療内容や医療機関によって違いますが、医療費と食費だけなら1日5,000円~10,000円ほどが相場のようです。

差額ベッド代(有料個室代)は2人部屋や個室などを利用すると発生する費用ですが、こちらは健康保険が適用されず全額負担になるので、長期入院が予測される切迫流産では注意が必要です。

スポンサーリンク

1日10,000円は高すぎる!!

5日で50,000円、10日で100,000円、1か月入院していたら300,000円!?

健康保険が適応されて3割負担になるとはいえ、治療が長引けば長引くほど請求されるお金も増えていくと思うとゾッとしますよね。

でも大丈夫です。

「高額療養費制度」を利用すると、所得によって決まる自己負担限度額を超えた医療費は払い戻されます。

★ 高額療養費制度の自己負担限度額 ★

©Flower Garden

※保険外併用療養費の差額部分、入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は対象外

戻ってくるにしてもツライ…

高額療養費費制度によって自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されるといっても、一度はお金を納めないといけないのでツライことには違いありませんよね。

大丈夫です!!

「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示すると支払いを自己負担限度額にとどめることができます。

切迫流産は長期の安静が必要となるため比較的長期の入院になりやすいです。

入院することになったらすぐに限度額適用認定証を準備するようにしましょう。

限度額適用認定証は健康保険の窓口に申請することで無料で準備できますし、支払いが自己負担限度額を超えない場合にも限度額適用認定証があって悪いことは1つもありませんので、準備することをお勧めします。

スポンサーリンク

おわりに

妊娠・出産は病気ではないからこそ、いつトラブルが起こるかわかりません。

私自身、なんの根拠もなくスムーズに出産に至ると思っていたのに、妊娠初期に切迫流産となり入院が必要といわれてしまい、とても驚きました。

赤ちゃんが大変なときにお金の心配をしなくてはいけないなんて酷な話ですが切迫流産は健康保険が適用され、高額療養費制度で医療費がある程度保障されていることがわかり、少しは安心できたのではないでしょうか。