切迫流産だけど治療がしてもらえないワケ

スポンサーリンク
切迫流産
スポンサーリンク

妊娠22週未満で出血や痛みの症状を伴って流産しかけている危険な状態のことを「切迫流産」といいます。

切迫流産は全妊娠の約15%に起こるとされ、多くの場合「安静」や「止血剤」「子宮収縮抑制剤」「ホルモン剤」といった治療が行われます。

しかし、切迫流産の兆候を察知したママが医療機関を受診したのに、こういった治療が行われない場合があります。

どうして治療が行われないのか、その理由をお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

治療しても救えない命がある

切迫流産が起こる原因は、赤ちゃん側の原因とママ側の原因の2つに大別されます。

赤ちゃん側の原因は染色体異常が大半を占めており、多くは妊娠12週までに流産となります。

赤ちゃんの成長が止まってしまう染色体異常が原因の場合は、治療をしたとしても残念ながら流産を防ぐことはできません。

それに対してママ側の原因は、子宮筋腫、絨毛膜下血腫、絨毛膜羊膜炎、子宮頸管無力症などの病気、身体の冷えや血行不良、疲れやストレス、自律神経を乱すような生活習慣などで、適切に治療が行われれば妊娠を継続できる可能性が十分にあります。

スポンサーリンク

治療をしない医師、病院は「悪」ではない

赤ちゃん側に原因があるとわかっている切迫流産でも、医師や医療機関によってはママを安心させたいという思いから「安静」や「止血剤」「子宮収縮抑制剤」「ホルモン剤」といった治療を行うことがあります。

治療をしてもらえたら「妊娠が継続できる」「赤ちゃんが助かる」とママは期待を持ちますが、結果が変わるわけではありませんので、流産したときにより深い衝撃を受けてしまいます。

これが正しいといえるでしょうか。

藁をもすがる思いで病院を受診したのに「治療はできない」と言われてしまったら、とてもショックだとは思います。

でも、赤ちゃんの染色体異常が原因の切迫流産は治療する手立てがなく、流産になることを防ぐことはできないのです。

しっかり伝えてくれる医師や医療機関こそ、本当は信頼できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そもそも不要な治療が多すぎる!?

妊娠初期には妊娠全体で約3割の人が少量の不正出血を経験するといわれています。

胎盤を形成する上で少量出血するのは自然なことで、出血があったからといって流産するとは限りません。

しかし、不正出血があると赤ちゃんを大切に思うママはとても心配になり、医療機関を受診します。

すると流産につながる不正出血でなくとも安易に治療が行われてしまい、本来なら治療をしなくても大丈夫な赤ちゃんに、不要な薬を使用しているということになります。

これも正しいとはいえませんね。

スポンサーリンク

おわりに

切迫流産という兆候に気付いて医療機関を受診しても、治療ができないという事実にショックを受けてしまったかもしれません。

でも、赤ちゃんの染色体異常があった場合は仕方のないことですので、決して自分を責めたりしないでください。

つらい思いをしてしまったかもしれませんが、今回の妊娠はママのお腹に赤ちゃんが訪れる準備ができているということを教えてくれたのだと思います。

葉酸やビタミンをとって身体を冷やさないように、しっかり休んでくださいね。