妊娠初期の出血は切迫流産!?妊娠継続の行方

スポンサーリンク
切迫流産
スポンサーリンク

何らかの原因により妊娠22週未満で妊娠が継続できなくなることを「流産」といいます。

それに対して妊娠22週未満で子宮内に赤ちゃんは残ってくれているものの、出血や痛みの症状を伴って流産しかけている危険な状態のことを「切迫流産」といいます。

切迫流産は全妊娠の約15%に起こり、妊娠が継続できるのは約半数といわれています。

逆を言えば切迫流産になってしまった約半数は妊娠を継続できず、流産になってしまうことを意味します。

せっかく授かった命を失わないために、切迫流産についての知識を深めておきましょう。