卵子と精子が出会えない!!卵管通過障害による不妊!!

スポンサーリンク
不妊
スポンサーリンク

卵管は卵子を運び、卵子と精子が出会って受精したり、受精卵に酸素や栄養を与え、少しの間育てたりするとても大切な働きがあります。

しかし、卵管が狭くなっていたり、詰まってしまっていたり、癒着していたりすることが原因で、卵管の通りが悪くなっている「卵管通過障害」を起こしていると、受精が妨げられてしまうので、妊娠が難しくなります。

卵管通過障害があっても運良く受精が出来る場合もありますが、受精卵が子宮に戻れなくなってしまうので、やはり妊娠するのは難しくなってしまいます。

今回は、不妊の原因の1つとされている卵管通過障害の原因や検査、治療についてお伝えします。

スポンサーリンク

卵管通過障害の原因

スポンサーリンク

卵管膨大部は内腔が約1cm程に広がっていますが、子宮と卵管の接合部である卵管子宮口の太さは約1mmと極めて細いため、炎症が起こると損傷を受けやすくなっています。

クラミジアや淋菌などの性感染症、子宮内膜症などが原因で炎症を起こすと、卵管は癒着して詰まってしまったり、変形して閉塞してしまうことがあります。

また、卵管閉塞を起こしてしまうと卵管采が閉じた部分に膿がたまった「卵管留膿腫」や、それが悪化して漿液がたまった「卵管留水腫」を発症することもあります。

スポンサーリンク

卵管通過障害の検査

卵管通気検査

卵管内に二酸化炭素などのガスを送り込み、腹部に聴診器を当てて卵管の先から腹腔内にガスが出る際の音を聞いたり、ガス圧の変化から卵管の通過性を確認する検査です。

この検査は卵管の途中に穴があいていたり、片方の卵管だけが詰まっている場合には、正確な診断ができません。

卵管通水検査

卵管内に生理食塩水を注入し、注入圧の変化などから卵管の通過性を確認する検査です。

子宮卵管造影検査と比べると正確性は劣りますがが、この検査では癒着があった場合にそれを解消できる治療的な効果も期待できます。

卵管造影検査

子宮内に造影剤を注入して、X線で卵管の通過性や卵管周囲の癒着の様子、子宮の内側の状態を確認する検査です。

卵管通水検査と同様に癒着を解消できる治療的な効果も期待できるので、造影検査後に妊娠するケースも少なくありません。

腹腔鏡検査

おへその下を1~2㎝前後切開して、炭酸ガスでお腹を膨らませてから腹腔鏡を挿入し、腹腔内の様子を観察し、卵管外である卵巣やその周囲に癒着などの異常がないかどうかを確認する検査です。

色素を子宮に注入し、卵管の先端から色素が流れ出てくるかどうかを直接見て、卵管の通過性を評価できます。

この検査は子宮内膜症や癒着が確認されたときに、その場で治療をすることができます。

スポンサーリンク

卵管通過障害の治療

前項でお伝えした通り、検査そのものが卵管通過障害の治療になります。

ここでは、それ以外の治療についてお伝えします。

スポンサーリンク

内服治療

卵管の炎症や卵管留膿腫がある場合、抗生物質や消炎薬を投与して経過観察します。

改善がみられないものでは手術が必要になります。

手術療法

卵管狭窄や卵管閉塞と診断され、体外受精ではなくタイミング療法や人工授精などの自然妊娠を希望している場合、卵管鏡下卵管形成術(FT)が選択されます。

ただし、卵管鏡下卵管形成術が適応されるのは子宮と卵管の接合部である卵管子宮口の狭窄や閉塞で、卵管采の狭窄や閉塞は腹腔鏡手術が必要になります。

手術方法

手術はメスは使わず、卵管鏡のついたカテーテル(細い管)を膣から子宮内へ挿入し、卵管に進めます。

卵管の中を観察しながらカテーテル先端のバルーンを膨らませ、通過障害のある部位を広く押し広げ開通させます。

体外受精

両方の卵管が閉塞している場合や卵管鏡下卵管形成術が受けられない地域、治療後に再狭窄する場合、体外受精が適応されます。

体外受精は卵管を通過せずに受精ができるので、治療の一つの選択肢になります。

スポンサーリンク

おわりに

私の友人は妊活中に原因不明の両卵管通過障害が発覚し、体外受精を勧められたそうです。

しかし、友人は根気強く卵管通過障害の治療法を探し、当時はあまり普及していなかった卵管鏡下卵管形成術を発見しました。

近隣では卵管鏡下卵管形成術をできる病院がなく、県外に出向いて手術を受ける予定でしたが、術前検査で卵管通水検査を行ったところ奇跡的に閉塞が改善したそうです。

友人は無事に妊娠することができ、今では元気な男の子のお母さんになりましたよ。

 

卵管通過障害は、卵管の通過性を確保する事ができれば妊娠をすることが可能になります。

この記事を読んで下さった皆さまに可愛らしい赤ちゃんが訪れますように…

関連コンテンツ

赤ちゃんを授かるためのステップに潜む罠~不妊の原因~
そろそろ赤ちゃんが欲しいな~と妊活を始めたものの、何故か赤ちゃんを授かることができないと悩んでいる人が増えています。 過去には妊娠しないように「避妊!避妊!避妊!」と散々気をつけてきたのに、思っていたより妊娠しないということに驚いてい...