早産児の離乳食!開始時期はいつ頃??

スポンサーリンク
早産児の育児
スポンサーリンク

赤ちゃんが生後5、6ヶ月くらいになり、段々と活発に動くようになってくるとエネルギーをたくさん必要とするようになるので、母乳やミルク以外から栄養を摂るために「離乳食」を始める時期になります。

しかし、この離乳食を始める目安時期は正規産で生まれた赤ちゃんに対するもので、成長がゆっくりとされている早産で生まれた赤ちゃんには必ずしも当てはまりません。

では、早産児の離乳食を始める時期について一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

早産児の成長の仕方

スポンサーリンク

予定よりも早めに生まれてきた赤ちゃんは、早く生まれた分だけ未成熟な状態で生まれてきます。

未成熟な部分はゆっくりと補われていくので、早産になった赤ちゃんの成長・発達は出産予定日を基準に考える「修正月齢」でみていく必要があります。

関連コンテンツ

早産児はゆっくり成長する~修正月齢でみていく育児~
予定よりも早めに生まれてきた赤ちゃんは予定通りに生まれた正期産の赤ちゃんと比べると身体も小さいのはもちろんですが、早く生まれた分だけ未成熟な状態で生まれてきます。 とくに在胎34週未満で生まれてしまった赤ちゃんは未成熟な点が多く、十分に発...
スポンサーリンク

早産児の離乳食を始める目安時期は??

早産で生まれた赤ちゃんの離乳食の開始は、体重が7kgを超えていて修正月齢5ヶ月以上か、7kg未満であっても順調に身体が大きくなって来ていて修正月齢が6ヶ月を超えているのが1つの目安になります。

修正月齢が5ヶ月に達していないけれど体重が7kgを超えているという場合もあるかと思いますが、消化器官の発達を考えると修正月齢5ヶ月までは待った方が良いかもしれません。

また、超低出生体重児の場合には修正月齢5、6ヶ月ころになっても成長・発達が十分でないことがありますので、さらに1~2ヶ月ほど離乳食の開始が遅くなる場合があります。

離乳食の開始時期は修正月齢や体重だけにとらわれず、赤ちゃんから大丈夫!というサインをみせてくれたら始めるようにすると良いと思います。

スポンサーリンク

首・腰がすわる

食事の姿勢が整わないと、嚥下が上手くできないので誤嚥などの危険があります。

早産児に限らず、座ることができるのは絶対条件です。

首はしっかりすわり、腰は支えれば座れるくらいが望ましいです。

大人の食事を欲しそうにする

赤ちゃんが食事に興味を持ち始めると、大人が食事をしている時に一緒に口をもぐもぐと動かしていたり、ヨダレを垂らしたり、食事に手を伸ばしたりします。

スプーンを口に入れられる

口の周りをツンツンするとおっぱいや哺乳瓶、指などの吸い付く「哺乳反射」があるうちは、食べ物を噛みつぶして飲み込むことがまだ上手ではありません。

スプーンを赤ちゃんの口にそっと当ててみて、舌で押し出さなければ哺乳反射が弱くなっている証拠!!

口にものが入ることへの抵抗や違和感がない状態なので、離乳食を始めるサインですよ。

母乳・ミルクが足りていない

赤ちゃんが成長していくと必ず、今まで足りていたはずの母乳やミルクの量でもお腹が空くようになっていきます。

離乳食を少しずつすすめていきましょう。

スポンサーリンク

おわりに

ご紹介した時期、サインはあくまで目安ですので必ずしもその通りにするのが正しいわけではありません。

私の息子は離乳食開始のサインが出揃い、修正月齢も5ヶ月を迎えたので離乳食を始めましたが「プイッ」と顔を背けて、食べてくれない日々が数週間続きました。

仕切り直しした方がいいかな?と思っていたころに、ようやくお口を開けてくれるようになりました。

1歳を過ぎた今でもおっぱい大好きでやや少食気味ですが、順調に成長しています。

ママ先行で頑張りすぎずに赤ちゃんのペースで進めていってあげて下さいね。