育児休業が2歳まで延長可能に!!

スポンサーリンク
育児休業
スポンサーリンク

育児をするママ&パパにとって、なくてはならないのが育児休業。

今までは原則的に子どもが1歳になる前日まで取得でき、条件を満たすことで最長1歳6ヶ月まで延長することが可能でした。

しかし、1歳6ヶ月以降も保育園が決まらないというのはよくある話で、泣く泣く仕事を辞めざるを得ない現状が多くみられました。

それが!!2017年10月から育児休業を2歳まで延長することが可能になりますので、詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

育児休業期間の原則は1歳まで

スポンサーリンク

育児休業が最長2歳まで延長可能になることは、2017年(平成29年)3月31日に決定し、同年10月から施行されます。

しかし、育児休業が取得できるのは原則的に子どもが1歳になる前日までというのは変わらないので、保育園に入れないなど所定の条件を満たない場合は育児休業を延長することはできません。

スポンサーリンク

注意!延長できるのは全員がではない!!

2017年(平成29年)10月にスタートするこの改正は誰もが対象となるわけではありません。

対象となるのは、2016年(平成28年)3月31日以降に生まれて、保育園に入れていないことが条件なので、2017年(平成29年)10月1日時点で、1歳6ヶ月に満たないお子さんがいる方が対象者となります。

残念ながら、お子さんが2016年(平成28年)3月30日以前に生まれている場合や、すでに保育園に入所されている場合は対象外となります。

スポンサーリンク

育児休業給付金も延長される!?

育児休業が2年まで延長可能になるのは嬉しいけれど、収入がなければ延長すること自体厳しいですよね。

大丈夫です!!育児休業期間の延長に合わせて育児休業給付金の給付期間も最長2年まで延長されることになっています。

スポンサーリンク

保育園に入所できる確立は??

スポンサーリンク

保育園のクラスは「4月1日時点での満年齢」で決まってしまいます。

現状では、年度途中に保育園に入れるというのは難しいため、育児休業を早くに切り上げて0歳児のうちに4月入所を目指すご家庭も多いかと思います。

しかし、地域によっては0歳児保育を実施している保育園が少なく、やむなく待機児童になるといったことも少なくありません。

しかし、今回の法改正により育児休業期間が最長2年に延長されれば、年度途中の育児休業がもらいないという空白の期間がなくなりますから、1歳児保育での入所を選択することができるので保育園に入れる確立が上がりそうです。

スポンサーリンク

おわりに

今までは保育園に入ることができず、さらに育児休業を半年延長しても保育園に入れるという保証はないことから、焦っていたママやパパもたくさんいたかと思います。

そういった心配が少しでも軽減され、お子さんと過ごす時間が本当の意味で充実したら良いですね。

関連コンテンツ

子育てを頑張る!!育児休業を取得しよう!!
「育児休業」とは、子どもを養育する働くパパ&ママが「育児休業法」という法律に基づいて取得できるお休みのことをいいます。 「育休」と親しまれ、現在では多くの方が取得されていますが、その歴史は1991年に誕生したまだ新しいといえる...
赤ちゃんともう少し一緒にいたい~育児休業を延長する~
できることなら赤ちゃんとずっと一緒にいたい。現実には難しくても、赤ちゃんがいる女性であればそのように思ったことがあるのではないでしょうか。私は妊娠していることがわかった時「育児休業は赤ちゃんが1歳になるまで」「1歳になったら仕事復帰するぞ」
不承諾通知書が欲しい~届いた書類は保留通知書~
働くママさん&パパさんが育児をするために法律で定められている育児休業ですが、様々な事情から育児休業を延長できないかな?と思っている方は多いと思います。 育児休業は原則として、子どもが1歳になる前日までしか取得できませんが、保育園の申し...