大切な子宮が失われる!?子宮頸癌を知ろう!

スポンサーリンク
女性のカラダ
スポンサーリンク

近年、20代から30代の若い女性に子宮頸癌が急増しています。

子宮頸癌は早期発見することができれば、完治することのできる予後良好な癌ですが、発見が遅れてしまうと妊娠や出産といった機会を奪い、命も失ってしまう危険性があります。

今回は、子宮頸癌の症状や原因、治療、予後などについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

子宮癌の8割が子宮頸癌

子宮と膣をつなぐ細くなっている部分を子宮頸部といいますが、この部分にできる癌を子宮頚癌といいます。

20代後半から40代の若年層に多く発生し、子宮体癌に比べると極めて発生率が高く、子宮癌全体では約8割が子宮頸癌です。

子宮頸癌はそのほとんどが扁平上皮癌で、早期に発見することができれば、手術療法により完治する確率が高く、子宮機能の温存ができる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

初期段階の自覚症状がない

初期段階では痛みや体調の著しい不良などの変調が起きる事は少なく、自覚症状が非常に乏しいというのが、子宮頸癌の特徴であり恐ろしいところです。

比較的早くにみられる自覚症状としては、おりものに血が混じる、生理以外で不正出血がみられる、経血がいつもより増える、生理が長引いたりするなどがありますが、月経不順と似ているため異常を認識しづらいでしょう。

癌が進行すると、性行為による接触出血や痛み、下腹部痛や腰痛などを引き起こすようになります。

スポンサーリンク

誰しも子宮頸癌になる可能性がある

子宮頸癌の原因になるのはヒトパピローマウイルス(以下、HPV)で、子宮頸部へHPVが感染することによって発症します。

HPVは皮膚や粘膜の接触によって感染するありふれたウイルスで、子宮頸部へはほぼ性交渉によって感染します。

性交渉の経験がある8割の女性が一生のうち1度はHPVに感染するといわれています。

安心して欲しいのはHPVに感染したからといって、必ずしも子宮頸癌になるわけではありません。

HPVに感染しても、9割近くは免疫機能が働いて1~2年でウイルスが消滅するので癌化することはありません。

しかし、感染の機会が多かったり、HPVのうちハイリスク型(16型・18型・33型・52型・58型)に感染すると約20%の確率で異形成の状態となり、5年から10年かけてゆっくりと進行して癌化していくといわれています。

スポンサーリンク

早期発見には子宮癌検診が必要不可欠

子宮頸癌やその前段階である子宮頸部異形成は初期段階では自覚症状がないので、早期発見するためには子宮癌検診を受けることが大切になります。

定期的に子宮癌検診を受けることで、異常があったとしても子宮癌になる前段階での発見ができます。

スポンサーリンク

どんな治療が行われる?予後は?

癌の進行の程度や、年齢、妊娠希望の有無などによって治療方法が異なります。

0期、Ⅰ期

0期は「癌が子宮頸部粘膜上皮にとどまっている上皮内癌」の状態をいい、Ⅰ期は「癌が粘膜下組織に浸潤しているものの、子宮頸部にとどまっている」状態になります。

Ⅰ期の治療は主に手術療法となり、「Ⅰa1」までのステージであれば子宮を温存できる「円錐切除術」ができる場合もあり、早産のリスクはありますが妊娠や出産が可能です。

©Flower Garden

5年生存率は90%以上で予後は良好です。

Ⅱ期

Ⅱ期は「癌が子宮頸部をこえて広がっているが、骨盤壁もしくは膣壁の下3分の1には達していない」状態です。

Ⅱ期の治療は、手術療法と術後の化学療法が中心です。

©Flower Garden

5年生存率は70%くらいです。

Ⅲ期

スポンサーリンク

Ⅲ期は「癌が骨盤壁もしくは膣壁の下3分の1に達している」状態です。

Ⅲ期になると手術が難しくなり、化学療法と放射線を同時併用する「同時化学放射線療法」が標準治療になります。

状態によっては抗がん剤で腫瘍を小さくしてから手術を実施することもあります。

©Flower Garden

5年生存率は50%くらいに落ち込みます。

Ⅳ期

Ⅳ期は「癌の周辺臓器へ浸潤や遠隔転移がみられる」状態です。

Ⅳ期になると積極的な治療は難しく、緩和ケアや対症療法、延命目的の抗癌剤治療などが中心となります。

©Flower Garden

5年生存率は20%くらいと、残念ながらとても低くなってしまいます。

スポンサーリンク

おわりに

子宮頸癌は早期発見することができれば、他の癌に比べて予後の良い疾患になります。

しかし、発見が遅れて癌が進行してしまった場合には、赤ちゃんを育てるための大切な子宮を失ってしまうことに繋がり、出産の機会だけでなく命もまた削ってしまうのです。

後悔のないよう、定期的に子宮癌検診を受けることをお勧めいたします。