母乳育児を楽にする~搾乳の秘密~

スポンサーリンク
母乳育児
スポンサーリンク

母乳育児をしていても「搾乳をしたことがない」「搾乳を知らない」というママも少なくないかもしれません。

何故なら病院や産院では、母乳育児に何らかの事情やトラブルが起こらないと搾乳についての指導を積極的にしていかないことが多いからです。

搾乳は母乳育児をしているママにとって、母乳の分泌を維持していくために欠かすことのできないお仕事のひとつです。

今回は搾乳の方法についてお話していきますね。

スポンサーリンク

搾乳の方法

搾乳とは名前の通り、母乳を搾ることです。

搾乳の方法には手で搾乳する方法と搾乳器で搾乳する方法の2通りがあります。

手で搾乳する

親指と人差し指の腹で、乳輪の外側から乳頭へゆっくりと圧迫していきます。

母乳が出てきたら清潔な哺乳瓶やカップに母乳を受け取って下さい。

搾乳している側とは反対のおっぱいからも母乳が出ることがあるので、ガーゼやパッドを当てておくと安心です。

搾乳は上下・左右・斜めなど色々な方向から行い、搾り残しのないようにしましょう。

短い時間で左右交互に搾乳を繰り返すと母乳が出やすくなります。

左右合わせて15分~30分程度で終わりにしてください。

搾乳器で搾乳する

自分でハンドルを握ったり、離したりすることにより搾乳を行う手動搾乳器、ボタンひとつで自動的に搾乳してくれる電動搾乳器があります。

手動搾乳器は乳房の張り具合など状態に合わせて搾乳できます。

電動搾乳器は吸引圧の調整をしながら搾乳します。慣れないうちは弱い圧で始めるようにしましょう。

手で乳輪や乳頭を柔らかくして、搾乳器のカップをおっぱいと密着させて搾乳をします。

スポンサーリンク

手による搾乳と搾乳器、どちらがいい?

どちらの搾乳方法が良いかはママと赤ちゃんの状況次第です。

一時のトラブルの場合は手による搾乳で十分だと思いますが、赤ちゃんが入院してしまったりして搾乳回数が多い場合、家族にも母乳育児を手伝って欲しい場合、腱鞘炎で手による搾乳が無理な場合は搾乳器を使った方が安心だと思います。

私の搾乳経験談

私は息子が生まれてすぐにNICUに入院したため、息子が退院するまでの1ヶ月間、毎日3時間おきに欠かさず搾乳を行っていました。

産後入院中に電動搾乳器で導入を行い、退院するころには手動搾乳器での搾乳に切り替えました。

手動搾乳器を使っていて疲れることもなかったですし、部品が少ないのでお手入れも楽でした。

電動搾乳器にしても搾乳拘束時間は短縮できないことや、お手入れが大変なこと、高価であることなどから、個人的には価格の手頃な手動搾乳器を1つ持っているといいと思いました。

オススメ商品

病院や産院ではこちらを使用していることが多いです。

他のメーカー搾乳器も試しましたが、こちらの商品が一番使いやすかったです。

日常的に搾乳をしなければならない人に特にオススメします。


オススメ商品

母乳実感シリーズの哺乳瓶が使えます。

価格も手頃なので圧抜きや念のため搾乳器が欲しいという人にオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

出産から退院までの短い間に学べることは多くありません。

特に初産の場合は、母乳育児開始の導入に時間がかかり、搾乳についてはごく簡単な説明しかされないことも少なくないです。

搾乳は母乳の出を安定させたり、乳腺炎のリスクを減らすことが出来ます。

正しく搾乳することができれば母乳育児がグっと楽になったり、今抱えている母乳トラブルが解決するかもしれませんね。

具体的にどんな場面で搾乳が必要になってくるのかは「続、母乳育児を楽にする~搾乳の秘密~」をご覧下さい。

続、母乳育児を楽にする~搾乳の秘密~
母乳育児をしているママにとって搾乳は欠かすことのできないとても大切なものです。 でも初めての妊娠や出産直後、母乳トラブルがないママにはどうして搾乳が必要なのか、まだピンとこないかもしれません。 今回はどんな時に搾乳が必要...

よろしければ「母乳育児を楽にする~冷凍母乳の秘密~」も合わせてご覧下さい。

母乳育児を楽にする~冷凍母乳の秘密~
母乳育児をしているとママは赤ちゃんにつきっきりになりますよね。 だけど、どうしても1人でお出かけしなければならないっていう時がきてしまうかもしれません。 そうすると心配なのは母乳。 パパにもおっぱいはありますが、さすがに母...