赤ちゃんのお洗濯で楽をする~頑張りすぎない育児~

スポンサーリンク
育児
スポンサーリンク


はじめて赤ちゃんを迎えることになると、色々と準備が必要になりますよね。

赤ちゃんグッズのお店に行くと、何から何まで赤ちゃん専用品が置いてあるのですがお洗濯用の洗剤もその一つです。
赤ちゃん専用の洗剤を使うということは、必然的に大人とは別にお洗濯をすることになりますよね。

お洗濯が1回増えるだけで、慣れない育児中は大打撃です。

赤ちゃん専用の洗剤は本当に必要なのか、大人とは別にお洗濯をしなければならないのか、私の実体験を元にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃん専用の洗剤は必要?

スポンサーリンク

赤ちゃん専用の洗剤も成分表示をみると、殆どが合成洗剤で実のところ大人用の洗剤とさほど変わりません。

ただ、大人用の洗剤には香料や蛍光増白剤、漂白剤、着色料などの添加物が入っていて、これらが赤ちゃんの肌荒れを起こしやすいといわれています。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は大人の肌の半分しか厚さがないため、刺激を受けやすく、肌荒れを起こしやすい状態に晒されているので、そういった添加物に注意する必要があります。

大人用の洗剤でも添加物を除いている商品があり、それらは赤ちゃんにも使用することができるので、無理に赤ちゃん専用の洗剤を用意する必要はありません。

また合成洗剤が気になる方は少しコツがいりますが、赤ちゃんが生まれるのを機に石鹸洗濯に切り替えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお洗濯は別がいい?

生後1か月~生後1年くらいまでは別々にお洗濯するママが多いようですが、慣れない育児をする中で複数回お洗濯をするのは結構な負担になるものです。

赤ちゃんにも使える洗剤であれば一緒に洗って問題はありませんので、少しでも負担を減らしたいと考えているママは是非検討してください。

ただ、新品の大人服にはホルムアルデヒドが付着していることがあり、肌荒れの原因になります。

ホルムアルデヒドは水に溶けやすいため、新品の大人服がある場合は赤ちゃんのものとは一緒に洗わない方が良いでしょう。

また泥汚れや油汚れなどの汚れがひどい時も予洗いや洗い分けをした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

お洗濯する上での注意

スポンサーリンク

洗剤もお洗濯も大人と一緒でOK!なのですが、1つだけ注意してほしいことがあります。

いくら成分に気をつけても洗剤がお洗濯物に残っていたのでは意味がありません。

ときどき洗濯量に関係なく、洗剤や柔軟剤は「山盛り1杯!!」という方がいらっしゃいますがダメですよ。

洗剤が残っていると肌荒れを起こしてしまうばかりか、お洗濯ものが黄ばんだり、嫌な臭いを放ったりします。

洗濯量に対して適正な洗剤量を使い、必要ならすすぎを1回増やすことを推奨致します。

スポンサーリンク

おわりに

私はというと、生後3か月くらいまでは赤ちゃん専用洗剤を買って別々にお洗濯をしていました。

一緒にお洗濯を始めたきっかけは仕事量が多くなり、私が疲れてしまったからです。

先輩ママが1歳を過ぎても別々にお洗濯をしていると聞いて、私もそのつもりだったのですが、お洗濯ものを取りに行ったり、干しに行ったりする度に赤ちゃんの元を離れなければならないのがごく負担に感じていました。

一緒にお洗濯をすることでその負担は解消され、赤ちゃんとゆっくり過ごせるようになったのでとても満足しています。

眠っていることが多い新生児期ではそれほど負担に感じないかもしれません。

でも赤ちゃんが起きている時間が多くなってくると、私のように負担が大きくなってくるかもしれません。

そのように感じて悩んでいる方は、その時が切り替えのベストタイミングかもしれませんね。